つぶやきまとめ

日記です

太陽公園へ行く

午前7時過ぎ頃起床。
8時過ぎごろ外出。

ちょっとスーパーでパンと飲み物を買って、取りあえず名古山霊園へ。
ちょっと気になっていた池を見たかったのだ。

霊園へ到着して、ふとある表示に気がつく。
なんか落語家の故・桂米朝師匠がこの霊園に眠ってらっしゃるそうな。
せっかくなので、軽くお参り。



ちなみに桂米朝師匠、僕全然知らなかったりします。
名前を知ってるだけ。
まあ何かのご縁だ。

その後、霊園のあちこちを見て回る。















ファンタスティックだった。

その後、太陽公園という所へ。




この太陽公園、ながらく兵庫県に住んでいながら、つい去年辺りまでその存在を全く知らなかったのです。
(でも城エリアがオープンしたのは2009年らしい)
取りあえずケーブルカーで城エリアへ登る。

CIMG1565.jpg


この城が思っていた以上に高い場所にあり、めっちゃくちゃ怖かった。
ちょっと高所恐怖症だと自覚してはいたものの、ここまで高い場所が苦手だとちょっと自分でも思っていなかった。
高い建物を見上げる事すらも眩み、足がすくむ。

CIMG1586.jpg

それでも建物の中に入ると楽になり、各所を見て回る。

城エリアの中は主に3Dトリックアート。
その他、民族衣装やクルミ割り人形が展示されていた。
建物から出ると、改めて高さを再認識してしまい、ちょっとまた日和る。
それでも、ケーブルカーを待つ時間が惜しかったので、徒歩で下まで降りる。
メッチャ坂道だった。
他の客に御老人も見受けられましたが、おそらくこれは御老人にはかなりキツい。
僕も無理せずケーブルカーを待てば良かったと思いながらも、良いアングルの写真を撮れたのでよし。

ボチボチと下のエリアも見て回る。




粗方メインエリアを見て回った後、石のエリアという所へ移動。
この石のエリアがまたかなり広い。
広いといってもまあそんなにキツくはないでしょと思っていたら、想像以上の広さだった。
舐めてた。

取りあえず色々と見て回る。
この石のエリア、各国の色んな石像(レプリカ)が展示されているんですが、結構でかい物も多く圧巻。

その中でも印象的だったのがこれ。





ちなみに太陽公園のwikiにも載ってるくらいのインパクト。

特に万里の長城は山を丸々使用しているので無駄に広い。
高い場所になるので、また怖くなる。

特にこの磨崖仏というのは山の上の方にあり、更に急傾斜の階段を上らないといけない。
DSC_0251.jpg

DSC_0252.jpg

1段目は何気なく登ってみたものの、ハッと気がつき降りようと試みたところ怖くて無理だったので、石段を使わず脇から山道を通って降りるという体たらく。
もう背中にガムテープを貼り付けられた猫のような情けない気持ちだった。

ちなみに遠くから見てもこんなにでかい磨崖仏。
DSC_0257.jpg

まあ色々と楽しめました太陽公園。
でもカップルも2~3組見ましたけど、個人的にはデートで来るような場所じゃないと思う。
ファンタスティックですけど。

あとピラミッドの前にいたスフィンクスが美人さんで、かたちの良いおっぱいしてるなあと思いました。
CIMG2045.jpg

CIMG2047.jpg

ゾクゾクする
CIMG2053.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する